スポンサーサイト

2016.02.12 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    研修を終えて

    2014.04.02 Wednesday

    1
     私は、4月1日と4月2日の2日間、研修をさせていただきました。1日目の研修ではまず、人見建設社内を見学させていただきました。お客様の対応をする場所や、設計をする場所、大事な書類を保管する場所と1つ1つに明確な役割があることを知ることができました。
     その次に、倉庫に連れていってもらいました。倉庫には、私の想像していた木よりも、はるかに大きい木がたくさん何本もありました。また、木によって、重さや木の木目も全く違い、木は木でも種類が違えばこれだけの差があるのかと驚きました。その木を加工する機械も今までに見たことがないような大型の物がたくさんありました。木は現場で加工することは少なく、倉庫で加工した物を現場に持っていくことも知ることが出来ました。私が持ち上げようとしてみても、全く持ち上がらない木を、ベテランの大工さんは1人で担ぐことが出来るということを聞いて、私ももっと力を付けて、大きくて重い木でも担げるように努力したいと思います。現場に木を持って行くためにトラックを運転しないといけないので、路上の運転になれておきます。
     そして、倉庫の見学をさせていただいた後、現場の見学に行かせてもらいました。現場はペットショップから、そば屋さんに変わるとの事で、寸法を確かめたり、カウンターの場所や、そばを打つ場所など全て明確に決まっていました。また、臭いなどにも気を配っておられました。その現場を見学させていただいた後、もう1つの現場も見学させていただきました。そこは、古い家を新しくリフォームされていました。壁などが、徐々に新しくきれいになっていき、屋根なども古い木から新しい木になっていました。でも全てを新しくするのではなく、前の柱も活用しておられました。
     見学を終えてから、自分の道具の購入をしに行かせてもらいました。たくさん見たこともない道具があり、早くこれを全て使いこなしたいと思いました。
     2日目は、お客様の契約する場を見学させていただきました。初めてのお客様ということで、すごく緊張した雰囲気が流れていました。お客様の信頼を得る事は、やはり難しい事なのだと実感しました。
     2日間の研修を通して、とても勉強になる2日間でした。たくさん覚えることがありますが、早く現場でお役に立てるように努力し自分の技術を高めていきたいと思います。

    2014年4月入社 松田 拓(大工)