スポンサーサイト

2016.02.12 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    世界遺産下鴨問題

    2016.01.25 Monday

    1
     京都新聞昨年末恒例の10大ニュースに 牴竺神社にマンション建設 が取り上げられた。 「50年間の期限付きで高級分譲マンション用地として事業者(JR西日本不動産開発)に貸し出すと発表した。建設予定地は、世界遺産登録されている地域から御陰通を挟んだ南側の神社所有地約9600屐・・・」と報じた。
     糺すの森の危機を感じて、立ち上がった私たちの反対運動が10大ニュースの4番目に位置付けられていることに身震いがした。私が飛翔紙上で2回にわたって書いてきた事の重大性を改めて感じる報道であった。
     前号からの続きを記すと、予定地糺の森の巨木が無残にも伐採され、なぎ倒されている様子を写真に撮って、英文チラシを作成。10月28日国際記念物遺蹟会議(イコモス)福岡総会に世界各地から集まった代表に手渡した。イコモス副会長のアルフレド・コンティ氏は「 やってはいけない行為。バッファーゾーン(緩衝地帯)自体も世界遺産を維持するための 大事な層をなしており、守られるべきだ。」と語った。
     下鴨神社は1994年に世界遺産登録(C688)をしているが、この高級分譲マンション予定地域は1400年続く「葵祭」がその真中を通過する歴史的にも由緒ある場所であり、またここは、太古より落葉紅葉樹の森として学術的貴重性が指摘されおり、京に都ができる前の貴重な樹木が存在するところである。
     京都市は「世界遺産履行ガイドライン」で明記する変更承認を世界遺産委員会に求めないまま建設着工を許可した。
     イコモスは保全と管理の協力主体として京都市を明記し、その役割として市条令による保全管理に期待しているが、風致条令が定める「風致保全計画」(森の価値等を列挙)と今回のマンション計画との整合性に係る本質的議論が京都市議会でまったくされていない。 また、イコモス総会でのケベック宣言(2008年)で確認した「場所の精神性」(神宿る神域)に係る議論も全くされていない。しかも、バッファーゾーンに係る地元住民の関与について、神社・市によって全く対応がなされていない状況である。
     そこで、地元代表5名はイコモス国内委員の府立大学宗田教授研究室を訪問し、宗田氏からは「先の国内委員会は他の案件でおおかたの時間をとられ、下鴨問題は約10分程度の説明に終わった。資料を配って実質的な議論はなかった」と聞いた。
     ところが、京都市美観風致審議会の景観専門小委員会で京都市は3月14日に行われたイコモス拡大理事会に京都市が提供した計画の概要をイコモス委員宗田氏が説明し、「一定の理解をもたれていると」、門川市長が記者発表した。
     後程、日本イコモス西村委員長(東大教授)は、「了解などしていない」と述べる。
    [市美観風致審議会のやり取り]議事録より
    京都市:今回の計画については、糺の森、世界遺産、これらの価値を低めない、更には高めていくような内容とし    
        
    て計画されているのではないかという議論があったというふうに聞いております。そういう意味で一定の  
        理解という表現としております。
    委 員:前回の小委員会で、イコモスの委員会の件で質問があったかと思いますが、それについて何か回答はあり
        
    ましたか?
    京都市:イコモス国内委員会からは、下鴨神社の苦渋の決断を尊重し、緩衝地帯を保全する努力については一定の
        
    理解をもたれていると聞いております。
    委 員:ということは、今回の詳細な図面も含めて詳細な検討をし、一定の理解をされたということですか?
    京都市:前回にも説明いたしましたが、3月中旬頃に行われたイコモスの会議で、計画についての説明はされてい
        
    ると聞いております。
     市の答弁はまさに詐欺行為といわざるをえない。その後、市美観風致審議会は開発許可を与え建築確認も下ろしたが、私たちはこのような暴挙を断じて許すわけにはいかない。
     マンション本体工事は2月中旬と発表されたが、その前に2月7日市長選挙がある。本田候補が勝利すれば事態は大きく変わることにとても期待している。
                                                人見  明

                                     

    初めての住民集会

    2015.10.26 Monday

    1
     10月3日、この半年間運動を進めてきた下鴨神社マンション問題での初めての住民集会をようやく開催の運びとなった。当日は84名のご参加を得て成功裡に終えることができ、司会進行を任された私も安堵した。
     前号でも述べたように、神社側の誠意のない対応に苦慮していた「糺の森 未来の会」は今後の運動をどのように進めるべきか議論を重ね、ここまで行ってきた運動の到達点として住民集会を開催し、様々なご意見を集約する必要があることに一致した。
     下鴨地域に近く、100名程の参加者が収容出来る会場探しから始めた。この地域は住宅街でホテルや行政の会館のない所ゆえ、民間の会場を当たることにした。めぼしい会場は、「下鴨神社マンション問題の住民集会の為にお貸しください」と趣旨を伝えると、断わりの返答がつづいて窮した。やはり、下鴨神社に盾を突くような団体に会場を貸すことに躊躇されるのが判った。4件目に願い出た会場は地域から少し離れているが貸し会場もされているカトリック教会で、快く貸して頂くことが出来てほっとした。
     さっそく未来の会世話人会後、数人で会場の下見をした。木造のホールで60席の椅子と机があり入り口でスリッパに履き替えとなっていた。教会の行事やいろいろな団体へ貸し会場とされているらしく、備品、鍵は使用団体が責任をもって後片付けもし施錠して帰るようなシステムであった。
     下見した世話人は、60人か・・、とつぶやいたが、隣に小ホールもあり、「その時空いていれば使ってもらってもいいですよ」と事前に聞いていたので何とかなるかと、決めることにした。
     6時30分開始の住民集会に、世話人は1時間前から机や椅子の配置等の準備に集まった。集会の開始時間となった時にはすでに60人近い参加者でいっぱいとなった。開会後も次々と来場される方のために、隣の小ホールから追加の椅子を運び込んで急遽対応した。
     会の趣旨説明は「マンション問題」・「下鴨神社の情報公開と財源」・「大型倉庫問題」と課題をわけてすすめることとし、倉庫問題では3人の女性が替わる替わる話をされた。
     「世界遺産問題」ではイコモス委員の弁護士が、10月末に福岡で開かれる国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺蹟会議(イコモス)年次総会に参加を表明され、会場からは期せずして拍手がおこった。その後、世話人2名も世界の委員に現状を訴えるために現地に赴くことになった。
     7時よりの全体討論で12名の方が意見を述べられあと、同友会の様にテーブル討論の時間を30分設けた。これは、初めての住民集会に来られる方々は、これまで神社とのわだかまりを押さえて来られたことがあるにちがいなく、一言いっておきたいこともおありであろうとの私のたっての提案であった。
     世話人会では、テーブル討論に「だれがリード役をするのか」「私は出来ない」、との意見が大勢であったが、ふたを開けてみると、各テーブルともに議論百出で、隣の声に負けじと皆、自然と話し声が大きくなっていった。
     議論が高まった8時にフルートで「菩提樹」と「花は咲く」を6分間演奏してもらう時間とった。しばしの静寂の後、全体討論を再開した。8名からの発言があり、下鴨神社と京都市の姿勢に、今後どのように運動を発展させていくのか、もっと積極的な活動をすべきだとの意見も頂いた。
     まとめに入り、会共同代表の行動提起を大きな拍手で確認することができ、2時間15分の住民集会をやってよかったと世話人一同が勇気づけられた。
     会場で訴えた募金には5万7千円もいただき、またアンケートの記入をお願いすると、様々なご意見とともに新たに数名の方が世話人に名乗りをあげ、ビラくばりには10名を超える方が協力できると、書かれていた。
                                                人見 明

    下鴨神社がマンション建設

    2015.07.30 Thursday

    6
     窓から鬱蒼とした糺の森が見える下鴨神社近くに引っ越してきて、はや18年になる。
     常日頃、散歩したり通っている糺の森の一角にマンション建設の話が持ち上がったのは、今年の3月半ばすぎ。そのうえ、4月1日着工で大型倉庫を建設するという事を、ごく簡単な説明図面で隣接する住民宅10軒に下鴨神社から知らされた。突然の「お知らせ」に付近住民は一様に驚いた。
     この倉庫が建設される場所は、今は未利用地になっているが、過去駐車場で160坪の世界遺産コアゾーンである。神社の説明では糺の森南部境内地2824坪(駐車場他)にマンション8棟を建設する為に、その一角にある築46年の研修道場を解体するので、収納している神具類を移動する為とのことであった。
     4月に入り大型倉庫建設に反対する近隣住民は、手作りのポスター「大型倉庫建設反対」を建設予定地に向かって貼り出した。ポスター掲示の依頼は私宅にもあり周辺の家々は、ポスターでまたたく間に埋め尽くされた。電柱にも貼ってあるので、「そこは市条令でまずいですよ」と言ったりもした。下鴨に移住してきて、静かな環境のこの地域では住民運動などとは縁がないと思っていたので、まさかこんなことになるとは驚いた。
     糺の森は、賀茂川と高野川が合流する三角洲にあり、過去には氾濫により水没を繰り返した山城原野であり、都市部に残る貴重な自然遺産である。マンション建設にともない自生するエノキやムクノキなどニレ科の樹木95本のうち、マンション本体や駐車場にかかる45本は伐採するか別の場所 に移植する形で撤去する。このうち8本は幹周り2〜3、2本は3団兇┐訛臾擇任△。
     4月18日にマンション・大型倉庫問題で全市的組織として「市民の会」が立ち上がり、世界遺産・糺の森下鴨神社のバッファゾーン(緩衝地帯)にマンション建設、コアゾーン(中心部分)に大型倉庫建設という下鴨神社の計画について、ユネスコの世界遺産委員会に対して手紙を送った。また、京都市の景観専門小委員会の方々に対して要望書を送った。
     そして嬉しいことに、文化財保存全国協議会の総会でマンションと大型倉庫建設計画の中止を求めるアピールが採択された。
     そのような動きの中で地元組織として「糺の森 未来の会」を5月22日に立ち上げた。住民運動などをするのは初めての方が多いのだが、有志十数名が中心メンバーとなり、私もその世話人のひとりとして参加した。
     6月28日、神社に要望してきた住民説明会が神社参集殿にて開かれた。参加はマンション建設予定地隣接の、事前に申し込んだ一部住民に限られた。受付けで氏名・住所・電話番号を書かされ、参加者と同じくらいの陣容の神社職員30数名が取り囲む中で行われた。しかし肝心の新木宮司本人は見えず、工事関係者が居並ぶ中で、マンション建設の必要性を延々と述べ、質問時間は限られて、研修道場の解体工事は7月6日から行います、との事で時間切れで終わった、と聞いた。
     マンション建設は21年毎の式年遷宮の経費調達の為に必要と主張しているが、私が調べたところ神社が近年購入した不動産は、神社隣接で2014年に旧社家の浅田家134坪。2011年新木宮司宅60坪、2008年研学キャンパス295坪、2002年一の鳥居前111坪、そして西林町研修所27坪、この5物件だけでも627坪、想定土地購入価格6億8千万円となる。「式年遷宮の資金不足でマンション建設」とは、とてもでないが言い難いのではないだろうか。新木宮司の自宅の建築には2億円かかったそうだ、と近隣の人から伝え聞いた。
     現在、道場の解体工事が進んでいる現場前で7月18日、二回目の反対署名活動をした。私たちの訴えに参拝者は皆一様に「ここにマンションが出来るのですか」、と驚かれとんでもないと快く署名されていく。皆さん、京都御所横の梨木神社が境内地一の鳥居の中に分譲マンション建設に踏み切り、6月末に完成した事も苦々しく思っておられる。
     会はこの間の情報をお知らせするために会報「糺の森 未来の会」第一号を作成し21人で手分けして下鴨地域の2600世帯に配布した。
     京都市建築審査会へ「大型倉庫の建築確認の取り消しを求める」申請の署名集めは6月29日からはじめた。私も同友会の例会で訴え、多くの方々にご協力をいただいた。この署名の締切は7月14日だったが、たった16日間で印鑑押印署名1084筆もあつまった。
                                                       人見 明
     

    空き家サービスをはじめた

    2014.10.22 Wednesday

    3
     空き家は総務省調査で全国で820万戸あり、毎年20万戸ずつ増加しており、このままいくと2020年東京オリンピックの年には1000万戸の大台に到達してしまいます。
     京都市の空き家は114,500戸、空き家率は14%となり、市内でも高齢化が進んでいる住宅密集地域の東山区では20%、所によっては25%、4軒に1軒が空き家の学区が発生しています。
     これを受け、京都市では今年の4月「空き家の活用、適性管理等に関する条例」を施行し、空き家化の予防や活用流通促進、適性管理に向け助成制度の創設や総合窓口の設置など多くの対応策がすすめられています。 私も、京都市空き家条例に対応した「京都市地域の空き家相談員」を数回の講習を受けて登録(中京010号)しました。
     そこで弊社では、以前から賃貸管理業務は不動産部でおこなっていることでもあり、空き家管理は入居者の居ない住宅の管理業務なので、特段難しいことはないと業務のひとつとして管理サービスをはじめることにしました。
     空き家は景観の悪化を招くだけでなく、老朽化による倒壊の恐れなどさまざまな問題を抱えています。人が住まなくなった家屋は驚くほどの速さで荒れていきます。わずか数年でリフォームが必要になり、まとまったお金がかかることもあります。
     いつでも住める家として管理するためには、定期的に室内の空気の入れ替えを行い、上下水道を流し、雑草を除去するなどの管理が必要です。所有している家屋のことが気になっていても距離的な関係でご自分で管理できない方をはじめ、一時利用から長期利用まで、ご都合に合わせてメニューをつくりました。 管理は後々の大切な財産を守るために大事なことで、また安全な地域づくりにもなり、弊社の理念である地域とともに歩むことの実践であるといえます。
     空き家を放置することは、所有者にとって大きなリスクがあります。例えば、建物の一部が壊れて他人に損害を与えたときは、所有者に過失がなかったとしても、原則として被害者に対してその損害を賠償する責任を負わなければならない(民法717条)。
     その他、建物価値低下リスク、自然災害リスク、工作物責任と保有リスク(固定資産税・水道電気料金・自治会費・火災保険、損害保険・管理費等)があります。
     建物は経年劣化をしていきますが、将来、利用活用をされる場合は巡回管理サービスによって、経年劣化を少しでも遅らせる事が出来ます。
     また、空き家が傷んでいれば改修工事も弊社工務部でお受け出来ます。将来の利活用の為にも、出来るだけ不全状態を解消してからの管理をお薦めし、利活用出来る情況になった場合は売却や賃貸仲介業務を受諾出来るようにします。定期巡回サービスは将来的に活用される方、中古住宅として売却・賃貸にだされる方またはご自宅として将来住まれる予定の方を対象とするものです。長期療養や海外赴任・転勤等で長期間自宅を留守にされる方、または相続したもののすぐには住む予定がないなど、様々な理由で留守にする方の為の定期管理サービスなのです。
     管理サービスの内容は、室内から雨漏り(染み跡など)やカビの発生の有無を確認し、建物劣化防止のため全室の窓・押入を開放し(60分)、空気を入れ替える。 外まわりのゴミ処理、ポストの確認、郵便物の整理、広告チラシの処分は不法侵入の防止になる。すべての蛇口を60秒解放し、さび付着防止、臭い止めをする。清掃は前道と建物内外の簡単な掃き掃除、建物設備及び外壁塗装等の状況を報告する。電気・水道メーター値の漏電、漏水の異常がないかを確認し。庭木の剪定の要否、消毒の要否を報告する。そして作業終了後、報告書と写真4点をメールまたは郵送にて報告。
     これだけの業務量で料金は月一回の作業で6千円(税抜)からとしました。

     

    法人30周年と社長交替

    2014.05.13 Tuesday

    2
      私が仕事についてから50年になるが、個人商店であった人見建設を法人化とすることに同意した父が「おまえが代表になれ」と言ってくれたので、気の変わらぬ内に手続きを進めたのが1983年12月28日法務局受付け年末最終日であった。それから30年がたった。 月日の経つのは早いものである。
     新社長は同友会でながらく勉強している私の長男である。人見建設法人設立30周年記念祝賀会を2014年中に催すので、その時にあわせて社長交替をと、前から決めていた。お客さまや関係者に2度もお集まり願うのは恐縮なので、これで良いとのことではあったが、まわりの近しい方から「もう交替か、えらい早いなあ」と云われた。
     前の20周年の時も記念行事を何時にするか迷っていたが、結局お集まり願う事を考慮して、弊社の忘年会と一緒に20周年記念忘年会とした。するからにはきっちり20周年日の12月28日とした。案内状をもらった方からえらい年末にと驚かれた。
     その時の主賓のご挨拶は、飛翔同人で弊社の顧問弁護士事務所代表の莇先生にお願いした。先生のお父さまは大工さんで、お父さまが愛用されていた小さな鉋をポケットから出して話された事を懐かしく思い出す。
     今回の30周年は、同友会を創られた偉大な先輩経営者の思いを継承している、京都同友会荻原事務局長に主賓のご挨拶をお願いした。
     私が同友会に入会したのは1984年、37才の時で、長男は2001年、30才で同友会青年部に入会した。親子2代同友会で学ばせてもらっている。
     私は、入会当初は忙しさにかまけてほとんど例会に参加出来なかったが、長男には同じ年代の者同志、積極的に参加するように促した。水があったのか、良く出掛けるようになった。
     そのうちに、事業継承の勉強例会に参加し始め、経営指針の道場にも参加し、独自の経営方針をつくって持ってきた。 また、中小企業の事業継承で問題になる株の再分配も自ら株譲渡を親類に話し掛け、数年かけて解決をした。そのような訳で、事業継承の時期は自ずと30周年と合わすことが出来た。
     弊社の経営理念を確立したのは、今から24年前である。理念に基づいて今日まで仕事の質を高め向上をめざして経営を続けてきたが、理念を補完する社則の整備、就業規則の充実、賃金評価制度、業務基準の進化など社内体制が整うことにより、お客さまに喜ばれ信頼される事業をすすめることができた。
     後進に代表を任せられるのは喜ばしいことであり、これはひとえに1300余名のお得意先、100社以上の仕入先、協力業者、そして社員親戚の皆様のご支援の賜である。
     創業から数えれば今年で96年となる。祖父・八三郎が1918年(大正7年)夷川通り河原町西で町家大工をはじめ、父・弥一郎が戦後資材不足な中で1946年、人見建設として事業を興した。そして私が代表取締役として法人化し現代に至ったのである。
     法人化した当時売上高は1億円少しで10人弱で設立した。現在共に頑張っている仲間は現場監督のO主任・Y主任と専務人見康の3人である。あれから30年が経った。
     現場叩き上げて勉学に励み、一級建築士の資格をとり頑張っている3名の監督や後輩の大工見習い生を育てている大工のN棟梁、新規取引先を開拓営業で自ら仕事を作り出し今年、不動産部長に昇格したI部長。社員の成長が社業の発展につながっている。
     社長交替は大変淋しい限りだが、考え様によっては会長職もいいもんだと思う。当面は新社長をささえ、役務分掌表に基づいて業務をこなしていくが、体力は衰えており、月1回の日曜営業当番や土曜の業務から解放されることに、ほっとしたものを感じている。
     長男に近いうちに事業継承を託す、と言ってから随分となるが、いよいよその時期が迫ってくるとなると様々な事に忙殺されている今日この頃である。

    人見 明