スポンサーサイト

2016.02.12 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    下鴨神社がマンション建設

    2015.07.30 Thursday

    6
     窓から鬱蒼とした糺の森が見える下鴨神社近くに引っ越してきて、はや18年になる。
     常日頃、散歩したり通っている糺の森の一角にマンション建設の話が持ち上がったのは、今年の3月半ばすぎ。そのうえ、4月1日着工で大型倉庫を建設するという事を、ごく簡単な説明図面で隣接する住民宅10軒に下鴨神社から知らされた。突然の「お知らせ」に付近住民は一様に驚いた。
     この倉庫が建設される場所は、今は未利用地になっているが、過去駐車場で160坪の世界遺産コアゾーンである。神社の説明では糺の森南部境内地2824坪(駐車場他)にマンション8棟を建設する為に、その一角にある築46年の研修道場を解体するので、収納している神具類を移動する為とのことであった。
     4月に入り大型倉庫建設に反対する近隣住民は、手作りのポスター「大型倉庫建設反対」を建設予定地に向かって貼り出した。ポスター掲示の依頼は私宅にもあり周辺の家々は、ポスターでまたたく間に埋め尽くされた。電柱にも貼ってあるので、「そこは市条令でまずいですよ」と言ったりもした。下鴨に移住してきて、静かな環境のこの地域では住民運動などとは縁がないと思っていたので、まさかこんなことになるとは驚いた。
     糺の森は、賀茂川と高野川が合流する三角洲にあり、過去には氾濫により水没を繰り返した山城原野であり、都市部に残る貴重な自然遺産である。マンション建設にともない自生するエノキやムクノキなどニレ科の樹木95本のうち、マンション本体や駐車場にかかる45本は伐採するか別の場所 に移植する形で撤去する。このうち8本は幹周り2〜3、2本は3団兇┐訛臾擇任△。
     4月18日にマンション・大型倉庫問題で全市的組織として「市民の会」が立ち上がり、世界遺産・糺の森下鴨神社のバッファゾーン(緩衝地帯)にマンション建設、コアゾーン(中心部分)に大型倉庫建設という下鴨神社の計画について、ユネスコの世界遺産委員会に対して手紙を送った。また、京都市の景観専門小委員会の方々に対して要望書を送った。
     そして嬉しいことに、文化財保存全国協議会の総会でマンションと大型倉庫建設計画の中止を求めるアピールが採択された。
     そのような動きの中で地元組織として「糺の森 未来の会」を5月22日に立ち上げた。住民運動などをするのは初めての方が多いのだが、有志十数名が中心メンバーとなり、私もその世話人のひとりとして参加した。
     6月28日、神社に要望してきた住民説明会が神社参集殿にて開かれた。参加はマンション建設予定地隣接の、事前に申し込んだ一部住民に限られた。受付けで氏名・住所・電話番号を書かされ、参加者と同じくらいの陣容の神社職員30数名が取り囲む中で行われた。しかし肝心の新木宮司本人は見えず、工事関係者が居並ぶ中で、マンション建設の必要性を延々と述べ、質問時間は限られて、研修道場の解体工事は7月6日から行います、との事で時間切れで終わった、と聞いた。
     マンション建設は21年毎の式年遷宮の経費調達の為に必要と主張しているが、私が調べたところ神社が近年購入した不動産は、神社隣接で2014年に旧社家の浅田家134坪。2011年新木宮司宅60坪、2008年研学キャンパス295坪、2002年一の鳥居前111坪、そして西林町研修所27坪、この5物件だけでも627坪、想定土地購入価格6億8千万円となる。「式年遷宮の資金不足でマンション建設」とは、とてもでないが言い難いのではないだろうか。新木宮司の自宅の建築には2億円かかったそうだ、と近隣の人から伝え聞いた。
     現在、道場の解体工事が進んでいる現場前で7月18日、二回目の反対署名活動をした。私たちの訴えに参拝者は皆一様に「ここにマンションが出来るのですか」、と驚かれとんでもないと快く署名されていく。皆さん、京都御所横の梨木神社が境内地一の鳥居の中に分譲マンション建設に踏み切り、6月末に完成した事も苦々しく思っておられる。
     会はこの間の情報をお知らせするために会報「糺の森 未来の会」第一号を作成し21人で手分けして下鴨地域の2600世帯に配布した。
     京都市建築審査会へ「大型倉庫の建築確認の取り消しを求める」申請の署名集めは6月29日からはじめた。私も同友会の例会で訴え、多くの方々にご協力をいただいた。この署名の締切は7月14日だったが、たった16日間で印鑑押印署名1084筆もあつまった。
                                                       人見 明
     

    スポンサーサイト

    2016.02.12 Friday

    0
      コメント
      コメントする